カスタムバイクの買取価格安すぎ問題、対処法は一つだけ!

「お金も手間もかけてきたバイクがたったこれだけ・・・?」

という、頭に来た経験あると思います。筆者もZZR400を50万で買って改造したら、売値はたった10万でした。

実際のところ、カスタムした金額分、買取価格が高くなるのは稀なんですね。

いっそのこと、カスタムパーツは全てノーマルに戻し、バイク本体はお店で売却、外したカスタムパーツは個人売買で売ったほうが手取りは増えます。手間を惜しまなければ、この方法がベストな売り方です。

しかし、カスタム済みのバイクを購入していたら、そもそも純正パーツが無いことのほうが多く、しかも古いバイクはパーツの生産が終了して手に入りません。八方塞がりです。

ではどうすれば良いのか?

結論、「カスタムバイクの価値が分かるお店にみてもらう」ただそれだけです。

以下では「なぜ安いのか?」その原因を掴んだ上で、カスタムバイクを高く売る方法についても解説してきます。

写真で簡単無料査定!

無料オークション査定に申し込む

なぜカスタムすると買取価格が安くなるの?

買取専門店は相場なりの金額しかつけない

買取専門店はカスタムパーツの価値や、カスタムセンスをあまり考慮せず相場を見て金額をつけていくのが一般的です。

なぜかというと買取専門店は買取したバイクを自社で販売するのではなく、業者オークションに転売して利益を稼ぐための「回転率」を重視しているからです。

安く効率よく買取するため、査定に手間のかかるカスタム車には時間がかけられず、相場なりの買取価格しかでません。

また、売る側のカスタム知識が豊富で、査定士の知識が乏しい場合、価格アップの交渉をすると査定士は安く買えないと判断する事があります。そうすると、あえて安い金額を伝えて取引を終わらせようとする事もあります。

なので、買取専門店ではなく自社で販売できる「一般的な中古車量販店」で査定してもらいます。 有名どころで言えば「SOX」や「ユーメディア」「小笠原オートショップ(BVCバイク査定センター)」です。大阪なら「ケーズバイク」、北海道なら「オアシス」です。「バイク王」は最近自社販売もするようになったので査定候補に入れておきます。

「安い理由は利幅を抜いてるからでは?」という話があります。 昔はそうでしたが、今ではインターネットで相場情報を誰でも簡単に手に入れられるようになっています。お店も皆さんから安く買取する事は難しいのが現実なので、あまり利幅や中抜きについて深く考察する事は意味がありません。

それよりも、カスタムの価値が分かるお店を探すほうが良いです。

基本的にはノーマル車のほうが商売になる

カスタム車でも良いものであれば店頭に置く可能性はありますが、やはり売れやすさ、商売として成り立つのはノーマル車です。ノーマル車は万人受けするからです。

カスタムすればするほど「自分のオリジナルバイク」に近づいてきますよね?

これが「100人中何人が興味を持つか?」を想像したとき、おそらく1人~2人が限界です。 お店に100人のお客さんが来て、1~2人しか興味を示さないバイクを置くよりも、万人受けするノーマル車のほうが、お店にとって売れやすいというのは容易に想像できると思います。

ただ、これは一般的な話です。カスタムバイクを多く取り扱うお店なら、それ目当てに来店する人が多くなるので、そのお店ならカスタムバイクを高く売れる確率が上がります。

こういったお店は、次オーナーに買ってもらうために、カスタムの良さを説明する必要があります。なので「各部パーツの細かい仕様、状態についてもしっかり確認してくる」のがカスタムバイクの買取に得意なお店の特徴です。

カスタム車は前オーナーを想像されやすい

中古車を探す時にどういった基準で探すかというと、やはり大事にされてきたオートバイを探したいと思います。

カスタムしている事が大事にしていないということではありませんが、ノーマルで乗ってきたバイクのほうがイメージが良いのは確かです。

バイクへの憧れ・抱くイメージというのは人それぞれで、多くの場合、テレビやCM、映画、漫画などを見てバイクへのイメージが定着していきます。映っているバイクはほとんどノーマルです。

自分なりに最高のカスタムバイクが出来上がっていたとしても評価されにくい原因、それは「バイクは自分の手で自分色に染めたい」と思う人が多いのも要因の一つです。きっと、今売ろうとしているバイクを買った時は同じ気持ちだったと思います。

このように、ノーマルに比べてマイナスイメージがつきやすく、次のオーナーが購入意欲が削がれやすいのです。カスタムバイクを売るのが下手なお店としては、値下げすることで購入してもらうか、元から低い中古価格で販売させざるを得ないため、買取価格も必然と安くなってしまいます。

レアなカスタムパーツは自分でも理解が必要

非常に高値がつくケースとして、旧車のレア部品(当時物)がついている場合です。例としてnsr250rの「Jhaチャンバー」や、z系のレスターキャストなどです。

ただ、このレア部品、当時物のパーツをお互いに理解していない場合は注意が必要です。査定士にレアパーツの専門知識がなければ、ただの無価値なパーツとして誤った評価をする可能性があり、自分に知識がなくても同じことが起きます。

査定士も全てのバイク、全てのパーツの知識があるわけではないため、一つ見落としがあるだけで大損することになります。

そのため、正しく評価してもらうためには、自分自身でバイクにレアパーツがついていないか調べておきます。レアパーツ(当時物)の価値についてはヤフオクオークション>当時物>バイク>パーツから確認できます。

また、当時物を査定できるお店は相当限られていますので、できれば旧車買取で最高峰の「ウエマツ」に一度見てもらうのが理想です。

万人受けする高級パーツ以外は評価が低い

誰もが喜ぶような高級パーツをつけている場合は別です。

この高級パーツとは「brembo(ブレンボ)」「オーリンズ」「ヨシムラ」「モリワキ」など一般的に認知されている高価なパーツの事で、新品でも中古でも購入すると高くつくため、最初から取り付けされているカスタム車は買取価格が高くなる傾向があります。

そして、純正のノーマルパーツが残っていると買取価格が上がります。 これは万が一お店で売れなかった時、ノーマルに戻して再販することで売れ残りのリスクを避けるためです。

逆に「中華製の無名マフラー、アルミ削り出しの無名ブレーキレバー」などは残念ながら価値が無いため買取時に値段はつきません。

ちなみに、お店がノーマルに戻して販売する場合、取り外したカスタムパーツは、業者オークションやヤフオクで転売するのが一般的です。なので、ある程度はヤフオクをみてパーツの査定額が妥当か判断できます。

カスタムバイクの買取が得意なお店なら高額売却の可能性も!

結局のところ、カスタムバイクに価値を見出だせないお店で査定するから安いのであって、カスタムバイクの価値が分かるお店で査定してもらう事ができれば、十分高く売る事は可能です。

問題は「カスタムの価値が分かるお店をどう探し、どうやって査定してもらうか?」です。

おすすめは、全国のバイクショップから写真で査定ができるアップスを利用することです。 アップス

一般的な一括査定では、自宅近くの会社が6社~10社査定に来るため、価値を理解してもらうには会社数としては非常に少ないですが、アップスなら全国200社のバイクショップから無料で見積もりが取れます。

あなたのカスタムバイクを高く評価してくれるお店がいるかもしれませんので、安くて困っている場合は、一度アップスで写真査定を試して見てください。

写真で簡単無料査定!

無料オークション査定に申し込む