【完全ガイド!】バイクの買い替えはこの時期が最適!売却から保険までコツを解説!

バイク 買い替え

バイクは、年数と走行距離に応じて半年単位、500km事に値段が下がっていきます!
バイクを買う時も時期によって20%ぐらい値段が前後する事もあります。
では、いつバイクの買い替えをしたら良いか重要なコツをここでお伝えします!

目次

買い替えの相談をする

バイクの買い替え時期のベストタイミング!

シーズン外の2~3月が一番バイク買い替えにお得!

バイク 買い替え 時期

 新車ならまだしも、中古車を狙っているなら特に2~3月が一番お得に乗り換えが可能です。一般的にバイクの購入は4月~10月がシーズンになっていきます。
そして市場に出回る車種も多くなり、良い車両に出会える機会が多くなりますが、同時に買い手も増えるので、昨日まであった車両が明日には ”売約済み” の札が張られている事があります。
そのためバイク屋さんもシーズン中は強気の値段を出し、あまり大幅な値引きにも応じません。
逆にオフシーズンは売るお客さんが増えて出ていく車両が減るので、バイク屋さんにとっては冬に買ってくれるお客さんは有難い存在なんです。

なので買い替えの時期としては世間に逆行する2月~3月が最もお得に乗り換える事が出来ます。

なぜ2月~3月なのか?

何故2~3月なのかというと
2~3月は購入のお客さんが少なく、売却するお客さんが多いのでバイクの在庫もたくさんあるからです。
バイクは4月~7月にかけて一気に需要が高まり、7月以降は、ゆっくりと需要は下降していきます。バイク屋さんはそれに併せて仕入れを行い、需要の下がりと共に在庫を減らし、次の4月が近づいてくると2~3月の時期に在庫を増やしていきます。
ですが4月の時期まではお客さんは少ないので売り上げが落ちているんです。
特に4月を超えると税金が掛かるという事で、4月より前にバイクを買うのを控える方も多いので、3月までに在庫はかなり溜まって来ます。

早い方が良い時も!バイクを買い替えたいと思ったその瞬間

バイク 買い替え 時期 「根も葉もない根拠だ!」と言われる方もいると思いますが、実際お金があるなら悩む必要は無く、早く買い換えた方が良いです!
理由としては
・いつまでも欲しいバイクが手に入れられるとは限らない(中古車は特に)
・自分の持っているバイクの価値は日ごとに価値が下がっていく
からです。

バイクの査定をしている方にお聞きしたところバイクの売却価格は
1か月&500km事に値段は下がっていく
そうです。
なので、買い替えを検討している場合は2~3月を待たずに検討してみる事も大事なんですね。
時期関係なく高く売りたいならたくさんのバイク屋さんに出す事が重要です。
下のボタンから見れる「アップス」というサービスは日本全国のバイク屋さんに自宅にいながら査定をしてもらえるというサービスです。
近所のバイク屋さんでは30万と言われたバイクが70万の値段が付いた事例などがたくさんある無料サービスなのですぐに売りたい場合は一度試してみるのもアリです!

愛車を画像で査定する

時間をかけても良いなら5月に売り、2~3月に買う

長い時間をかけても大丈夫という方は5月売りの2~3月買いという方法が一番おススメです。
5月はバイク購入需要が多くなっていく途中なので、バイク屋さんも買取にはとっても前向きです。そして購入に関してはバイク在庫も溜まってお客さんも少ない2~3月に狙うのがアリです。
ですが、この方法だと買い替え完了まで最長で1年程、掛かってしまうのでゆっくり乗り換えて選ぶ時間を楽しめる方におススメですね!

もしくはバイクの保管場所に余裕があるなら、先に2~3月に買って5月に買うのも1つの方法ですね。

バイクの買い換えに必要な手続き~保険編

バイク 買い替え 保険 一般的にはバイクを買取してもらった、お店もしくは業者に保険の手続きや解約をやってもらうモノですが、
自分でやる場合は以下の事を行わなくてはなりません。

任意保険は?

任意保険の引継ぎの際に必要になる流れは以下の通りです!

同排気量での引継ぎ
やること
保険会社or代理店に車体の入れ替えを伝える
等級の引継ぎ:可能
備考:125cc以下限定のファミリーバイク特約に等級は付きません。
50ccから125ccまたはその逆
やること
保険会社or代理店に車体の解約を申し込む
         ↓
新しい車体が来たら、保険会社or代理店で新規で保険を申し込む

等級の引継ぎ:不可

備考:125cc以下の中での保険は値段が変わってくるので新規での入れ替えが必要です。

自賠責保険は?

125cc以下
やること
市区町村の役場で廃車手続き(所要時間は約30分~1時間)
          ↓
廃車手続き後に各保険会社の窓口or郵送で手続き

持ち物:廃車証明書
    印鑑(シャチハタ不可)
    振込先の口座情報(返金がある場合)
    本人確認書類
125cc以上
やること
各管轄の陸運局で廃車手続き(所要時間は約1時間半)
          ↓
廃車手続き後に各保険会社の窓口or郵送で手続き

持ち物:廃車証明書
    印鑑(シャチハタ不可)
    振込先の口座情報(返金がある場合)
    本人確認書類

文章にすると、大したことをやっていないように見えるのですが、結構やってみると揃える書類、当日記入する書類、行かなくてはいけない施設、連絡先の多さに休日を丸一日潰すので、めんどくさくなってしまう事が多いです。

保険も含めて、全部無料でやってくれるバイク買取業者さんを家にいながら、無料で探してくれるサービスもあるので、それを是非活用してみる事もおススメします!

買い替えの相談をする

バイクを買い替える際に下取りでは損をする!

バイク 買い替え 下取り バイク買い替えと言えば、お店に下取りに出して、少し買う車両を安くしてもらうのが一番良いと思っていませんか?
それは大きな間違いで、普通にバイクを買い替えるより、バイク屋さんが得をして、あなたは損をしているかもしれません。

下取りの真実!意外と損をしている!?

下取り価格は買取相場より低く見積もられやすい

下取りは「新しいバイクを安く買える」という期待をされている方が多いですが、実際は違います。下取り先を間違えると損をします。 販売に重きを置いているディーラーや正規代理店へ下取りを出すのはお勧めできません。 販売メインのお店は、店で小売りに出せる車体でも無いと高値では買い取れません。買取に力を入れているお店は買取後の販売ルートをたくさん持っているので高値で買い取ってくれる可能性が高いです。
下取りで買い取られたバイクと買取で買い取られたバイクでは買取のバイクの方が最大4倍高く売れるケースもあります。

下取りによっての買い替えの値引きはそんなにしてくれない

これは新車の買い替えの時程、損をします。 新車や、低走行高年式の車体はお店側にとっては仕入れの時の値段が高いので、利益も中古車より僅かにしか出ません。なので、あまり購入の車体に値引きを加味してくれなくなります。やっても値引きが1桁万円を超える事はほとんどありません。なのでお得感があっても結局、下取り価格と買取価格を比べたらそんなに得をしていないという事例が多くあります。

下取りは一社のみの提示価格になるので非常にお店に有利

バイク屋一店舗だけだとなかなか金額が上がる事はありません、なぜなら金額を提示出来るのは下取りの際は目の前にいるバイク屋さんただ一人なので、特にバイクを余り査定に出したことがない人は目の前のバイク屋さんの情報を信じるしかありません。
バイクは常にどの店舗でも同じという事は無く、同じチェーンのお店でも場所によっては金額が変わる事も珍しくありません。

多くのお店に買取査定を出すと相場を超える事が多い

バイク 買い替え 決してバイク屋さんが嘘を付くというわけではありません。ただ、それぞれのバイク屋さんの持っている車両在庫のよって、自分自身の持っているバイクが欲しいバイク屋さんとそうではないバイク屋さんでは金額差が開くという事です。

無料で全国のバイク屋さんと金額交渉を代行してくれる「アップス」というサービス等も存在しているので是非、全国で自分のバイクはどんな金額か知ってお得に売る事をおススメします!
 
下のボタンから見てみることができるので興味ある方は一度見ることをおススメします!

愛車を画像で査定する