【徹底紹介】バイクを降りる事への決断、その理由とは?抱える様々な事情

バイク 降りる

愛車を画像で査定する

バイクを降りる理由

年齢的に乗るのがキツくなってきた

バイク 降りる 年齢

  • 50歳を過ぎてから大型バイクを買ったは良いが、ガレージから出すのがめんどくさくなった。
  • (65歳 男性 GS1200R)

  • 外気の影響を受けやすいバイクは若い時で無かったらキツイ。
  • (59歳 男性 ボンネビルT120)

    バイクは気温、体力に左右される乗り物です。なのである程度の年齢を迎えた方から「体力」という理由でバイクをやめる方をよく耳にします。
    「大型バイクをガレージに眠らせてしまって手放す事を決断した。」という話はよく聞く話です。

    子供が生まれたから

    バイク 降りる 年齢

  • 子供が生まれたので、もう自分だけの体では無いと思い降りた。
  • (28歳 男性 NSR250R)
     
  • 子供が生まれて教育費の事を考えると、バイクを一番先にリストラした。
  • (30歳 男性 CBR600RR)

    子供が生まれてバイクから一度手放すという理由も聞きます。子育て費用などの問題が出てきたときに, 趣味性が高くて維持費等も高いバイクは何よりも先に切り捨てられやすいです。
    身体の心配もあいまって、これを理由にバイクをやめる人も多い傾向にあります。

    やっぱり危ないから

    バイク 降りる

  • 事故で友人達が亡くなったり、一生足を引きずる生活になっていったので怖くなった。
  • (21歳 男性 XJR400)

  • 自分がいくら気を付けていても、もらい事故のリスクが高いのでバイクを降りた。
  • (23歳 女性 エストレヤ)

    車より事故に遇った時のケガのリスクが高いバイクは、友人等の事故の経験を聞く事でリスクを身近に感じると手放してしまうという事があります。
    もちろん事故に遇った話を聞いても乗り続ける人はいますが、乗り続けるか少し迷っている人にとっては決め手になってしまう様です。

    趣味が変わった

    バイク 降りる 自転車

  • 車に乗り換える為にバイクを手放してしまった。車の方が便利。
  • (25歳 男性 マジェスティ250)

  • ロードバイクに乗り換えてしまった。ロードバイクの方が健康に良いし、維持費も格安。
  • (21歳 男性 GB250クラブマン)

    車は利便性が高く、実用性も兼ねているので車に乗り換えるために、バイクを売ってしまうという事は多くあります。自転車も維持費が安いのと、健康にも良いとされているので、バイクを降りる理由の一つとなっています。
    バイクは趣味性が高く、スクーターでも無いと実用性に欠けるので、実用性という点でバイクを降りる決断の理由の一つになっています。

    妻(夫)にバイクを降ろされた

    バイク 降りる 嫁

  • 結婚後、生活資金にするという事で嫁に問答無用でバイクを売られてしまった。
  • (31歳 男性 Monster1200S)

  • 身体が心配なので、結婚したら夫にバイクはもうやめて欲しいと言われた。
  • (24歳 女性 XL883スポーツスター)

    バイクに乗らない人からしたら「バイクは危険で、高い乗り物」というイメージが強いのでどうしても理解が得られず、乗り続ける事を反対されて泣く泣く降りた方々は多いです。
    とても残念に思いながらも、「家族の心配の方が大切だ」と思う方もおり、手放す理由の一つになっています。

    仕事の関係で乗ることが出来なくなった。

    バイク 降りる 忙しい

  • 転勤のためにバイクも一緒に引っ越そうと思ったが、転居先に駐輪場が無かった。
  • (35歳 男性 GSX-R1000)

  • 普段の仕事が忙しくて、休日は体を休めるためだけの日になり、バイクに乗る時間が全く無くなってしまった。
  • (26歳 女性 SR400)

    転勤になってどうしてもバイクを置く場所が無いという理由でバイクを降りた方も多くいます。
    現在、特に都心部では車の駐車場はたくさんあっても、バイクの駐輪場はとても少ないので降りる理由としては多いです。転勤程ではないものの、仕事が忙しくてバイクに乗る暇が無くなったとおっしゃる方もいます。

    バイクを降りて、手放す時に後悔しないために

    バイク 売る

    売るとなった時に損しないために知っておくべきこと

    趣味が変わって、経済的に苦しくなって、家族や恋人にお願いされて、降りた理由は様々ですが、バイクが降りた後には次の進みたいステップが必ずあるはずです。
    次のステップに進むためにバイクはなるべく高く売りたいですね。

    愛車を画像で査定する

    近くのバイク屋1社だけでは高くは売れにくい

    1社に出すだけでは愛する愛車は安く買い取られる可能性が高いです。 その理由としては、競争相手が近くにいないから安く設定しても大丈夫だろうと思われやすいからです。
    高く愛車を買い取って貰うには、全国の会社に一度に見せる事が大事です。

    「無料全国査定アップス」では日本中のバイク業者と無料でコンシェルジュが交渉を行うので、バイクの画像を撮って送って待っていれば、一番高い値段でバイクが売れます。
    売っても売らなくても無料のサービスなのでリスク無しで出来ます。
    是非一度試してみる価値アリなので是非使ってみてください。

    愛車を画像で査定する

    バイクにもう一回乗った人たちの理由

    バイク リターンライダー

    バイクの感覚を忘れられなかった

    「バイクの感覚が忘れられずに戻ってきてしまった」という方は良くいます。
    特に50代のリターンライダーが多く、生活に少し余裕が出てきて若い頃よりもゆったりとしたバイク生活を送れる様です。
    しかし、年齢的な問題でまたすぐにやめてしまう事も多いです。

    経済的に余裕が出来た

    50代以降は仕事でもそれなりの地位に付き、経済的に余裕が出たのでバイクに再び戻ってくる方が多いです。
    しかしその反面、戻ってきてもバイクを降りた理由にあるように、「年齢」という問題で、新車3000km以内で売ってしまう方が出てきています。

    新型のバイクに興味を持った

    乗っていた時代とは全然違うスタイルの新車情報が出てくると、どうしても欲しくなってしまう事があるようです。
    新車はどんどんデザインも性能もレベルアップしていくので欲しくなってしまうのは、とても理解できます。
    ですが、80年代~90年代のバイク全盛期を知っているバイク乗りにとっては物足りなく感じてしまうという意見も良く聞きます。

    バイクから降りる方へ最後に・・・

    バイクを降りた理由等を紹介してきましたが、バイク業界に携わる人間としては降りていく方を見るのはとても悲しいものです。
    ですが、バイクが無い新たな人生も応援したく、降りる時に後悔の無いように、お得な売り方についても記事を書かせていただきました。

    バイクを降りる方は、降りると今は決まっていても、またいつかバイクの世界に戻ってきてくださったら、とても嬉しいです。

    愛車を画像で査定する