バイクを売るときにやらないほうが良いこと5選!バイク買取で損しないコツ

アップス

バイクを高く売りたい。バイク買取で損をしたくない。これはバイクを売る人全員が考えることです。

しかし、実際のバイク買取の現場では知らないうちに損をしてしまったという事態が良く発生します...。

私は日本最大級のバイク一括査定サービス「バイク比較ドットコム」に5年以上担当者として携わっています。

この記事では私が一括査定サービス運営の中で感じたバイクを売るときにやらないほうが良いことを紹介します。

具体的にバイクを売るときにやらないほうが良いことは

  • 査定前にバイクの状態を確認しない
  • バイクを修理してから売る
  • 損するタイミングでバイクを売る
  • 純正パーツを査定してもらわない
  • 1社だけの査定で売ってしまう

の5つです。

どれも難しいことではありません。ちょっとしたコツをつかんでバイクを高く売ってくださいね。

バイク査定の前に状態を確認しない

アップス

まず、バイクを売るときには自分のバイクの状態を確認しておくようにしましょう。

「査定当日、エンジンがかかると思っていたのにかからなかった」というのは、バイク買取の現場では最悪です。

査定士から「手入れされていないバイク」、「バイクの知識が少ないお客さん」と評価されてしまいます。そうなると足元を見られて提示される金額は安くなりがちです(相場より数十万円低い金額が提示されることも良くあります)。

また、バイクについている傷も把握しておきましょう。「ツーリングの際に立ちごけした」「購入時からついていた」などいつどうやってついた傷なのかを説明できるのが理想です。査定士は「バイクを大事にしているな」「ちゃんと管理されているな」と思います。

大事にされているバイクだと査定士に認識されれば、安い金額提示となる確率が下がります。

エンジンがかかる状態にして、軽く洗車しておくのが高額査定を引き出すコツです。

バイクを修理してから売る

現状を確認しないのが最も良くないですが、状態が悪いからといって修理をしてから売るのも損をする可能性が高くおすすめできません。

もちろん、「故障がないバイク」、「傷が少ないバイク」のほうが高く評価されます。

しかし、売ることが決まっているのであればわざわざ費用をかけて修理までする必要はありません。部品代や修理代がかかりますが、かかった費用以上に査定額が上がることはありません。

先ほども言ったように、軽く洗車をしておくなどお金がかからない範囲で大事にしていると伝わるようにしておくのが一番です。

損するタイミングでバイクを売る

アップス

車検直後と4月にバイクを売るのは損です。

バイクの車検を通すには、整備費用など含めると数万円以上がかかります。しかし、車検の直後だからと言って買取価格が車検費用以上に高くなることはありません。

買い替えや売却を検討している方は、車検の前に決断するようにしましょう。

4月にバイクを売るのも損です。バイクの税金は4月1日時点の所有者に対してかかります。1か月未満しか乗っていないのに1年分の税金を支払うことになります。

反対にバイクを売ったら得するタイミングは「今すぐ売る」もしくは「1月から2月」です。

時間が経てば経つほど、バイクの買取価格は下がります。ですので、原則はいますぐ売るのが一番損しないタイミングです。

あえて季節を上げるなら1月から2月がおすすめです。3月~5月のシーズンに向けてバイクを仕入れたいと思っている業者が多いので、交渉がしやすくなります。税金面でも損がありません。

純正パーツを査定してもらわない

アップス

バイクは純正が一番高く評価されるので、純正パーツを査定してもらわないのは損です。

これは持ち込み査定のときにありがちな失敗です。店頭で査定してもらおうとすると、どうしてもバイクに乗っていくことになります。純正パーツを所持していたとしても、バイクで持っていくのはなかなか大変ですよね。

しかし、純正パーツのあるなしで買取価格は1万円から5万円くらい変わるケースが多いです。

パーツの持ちこみが難しけば、純正に戻して売却して、カスタムパーツはヤフオクなどで売るのがおすすめです。

純正パーツがなかったとしても、カスタムパーツは取り外して別で売ったほうがお得なこともあります。

1社の査定だけで売ってしまう

バイクを高く売るには、複数社に査定してもらうことは必須です。一括査定を運営していてると、買取業者ごとの提示額の違いに驚きます。数万円の違いは当たり前で、10万円以上価格差があることも珍しくありません。

実は一括査定を利用している方の中にも、複数社を比較せずに損をしているケースが多いです。

なぜなら「他社にも見てもらいたいけど、いい人そうだし売ってしまおうか」という気持ちになり、1社目で売ってしまう人が多いから。

バイク査定を経験したことがある人はわかっていただけると思いますが、査定士はバイク買取のプロです。

バイクを売ってもらうために、親身になったり、オークション相場を見せてきたり、他社を批判したりと様々なテクニックを駆使してきます。

経験上、残念ながら1社だけに査定してもらった場合には、損している可能性が高いです。必ず2社以上に見てもらい、高く売れる会社を探しましょう。

査定士との交渉に負けてしまいそう...という方はアップスを利用してください。

アップスなら業者との交渉は専門スタッフが担当します。写真査定なので確実に複数社から見積もりを取れます。

写真をアップロードいただければ最短24時間で最高額をお伝えします。

\ 査定士との交渉不要で最高額 /

【無料】買取価格をチェックする