買ってはいけない中古バイクの見分け方【グーバイク編】

買ってはいけない悪い中古バイクの見分け方

まず始めに、バイクの良し悪しを見極める際、基準にするのは、支払総額ではなく「本体価格」です。バイクの支払総額には法定費用、納車整備費用などが含まれおり、バイク本体の値段とは関係のない費用が含まれているからです。

また、本体価格は「価格が安い順」から見ていきます。基本的に安いバイクほど品質が悪く、避けるべきポイントや材料が揃っているからです。

質の悪いバイクの特徴を先におさえておけば、良い中古車を見分けるやすくなりますので、是非、グーバイクでバイクを見極める際には価格が安い順から、状態の悪いバイクのポイントを抑えながら選んで行きましょう。

※今回はできるだけ多くの方に理解してもらうため、「ホンダ:PCX」を例に解説していきます。

転倒、事故傷があるバイク

バイクは転倒や事故を起こすと、その衝撃の強さによっては損傷した外装以外のパーツにダメージが出ることがあります。

例えば、立ち転けしたバイクでも当たり所が悪ければ、ハンドルがわずかに変形し走行時に違和感を覚えたり、旋回に支障が出ることがあります。

他にも、事故で衝撃があったバイクはバイク本体に歪みが生じる事があり、これは人間に例えるなら背骨が曲がってしまったような状態です。まっすぐ走ることができず、ブレーキも偏った効き方をすることがあります。

見分け方は簡単です。グーバイクの詳細画像で外装を確認し、傷の付き方を見てみます。

バイクの傷

画像のように、外装がエグれたような深い傷がないか確認し、もし一箇所でも深い傷があれば、購入を避けるのが無難です。

なぜかというと、実際は衝撃によって見えない箇所にダメージがあっても、検査したり、分解する事はしません。コストが増えて車両価格が高くなってしまうからです。しかも、納車時に全て問題なく修理されるわけではなく、完璧に直すことも不可能です。

なので、深い傷があるバイクを買うことはリスクを抱えたままのバイクに乗ることと同じことです。

よく「購入してまもなく故障した・・・」などの悲報を耳にしますが、たいていは傷物で安いバイクを買っている事が多いです。

また、外装だけに限らず「足周り」に傷がないかも確認します。例えば「アウターチューブ」といわれる部分は、事故を起こして横にスライドしていったバイクによく見られる傷です。

そんな激しい損傷があったバイクを購入するのはリスクが高すぎます。値段はとても安いですが、購入後に故障が頻発したり、修理費用が高くつくことになるので、できるだけ避けるようにしましょう。

GoogleMapのクチコミが悪いお店

グーバイクにある評価と実際の評判は全く違う事があります。店舗名をGoogleMapで調べてリアルな評判を確認しましょう。

Googleマップの口コミは実際にお店に訪れた人のリアルな口コミが記載されています。クチコミは削除が非常に難しく、プライベートのGoogleアカウントを使用しているため信憑性が高く、とても参考になります。

※画像の評価点は、実在するお店のグーバイクの評価と、Googleマップの評価を比較したものです。

Googleマップの口コミは、平均3.0以上を基準にします。それ以下(2.9でも)なら、そのお店でバイクを買うのは少し考えたほうが良いです。なぜなら、評価点3.0以下のお店では、故障の頻発・不誠実な対応に関する口コミが多いからです。また、平均評価1.0~2.0は論外なので買うのは極力避けましょう。

※口コミ数が10件以下だと信憑性が低いので、過信しないように注意しましょう。

ちなみに、「ローカルガイド」のクチコミをよく確認しましょう。ローカルガイドとはGoogleマップを利用する人から良い評価を受けてる評論家の立場にある方です。公平な意見が多く、詳細に分かりやすくお店の特徴を書いているので、是非、ローカルガイドのクチコミを参考にしてみてください。

足回り・マフラーが錆びてるバイク

バイクのマフラーの特に「エキパイ」と言われる部分にサビがないか確認しましょう。 雨天走行や、雨ざらしのバイク、洗車が行き届いていないバイクによく見られる症状です。

このサビが特に酷い場合は、マフラーに穴があいて排気漏れを起こし、燃費の低下や加速不良を起こしたりします。

中古バイクの見極め方(サビ編)

また、足回りのサビにも注意しましょう。足回りとはホイール周辺のパーツの事で、サスペンションも含まれます。 足回りがサビていると、足回りを支えているゴム部品の劣化が早まり、後に修理費用が高くつく事になります。

バイクに詳しい方からすれば、「丁寧に扱っていないor保管環境が悪い=雨ざらし、洗車の頻度が低くメンテナンスが行き届いていない」という特徴がある事を知ってます。

何が問題かというと「部品の劣化が早まり故障リスクが高く、修理費がかさみやすい」からです。 マフラーや足回りのサビが酷いバイクはできるだけ購入を避けるようにしましょう。

メーター周りが汚い、傷があるバイク

メーター周りは、商品として良く魅せようとすると非常に手間とコストがかかる箇所で、外装と違ってメーターパネルの傷を綺麗にするのも困難です。つまり、メーター周りは一番ボロが出やすい箇所です。

なので、メーター周りの様子を見れば前オーナーがどのような扱い方をしてきたのかが分かります。綺麗な状態であれば大切に扱われきたと判断できますし、そのようなバイクに限ってメンテナンスも定期的に行われていてコンディションも良い事が多いです。

例えば画像のように、メーター周りが傷だらけで、メーターを囲うカバーには歪みがあり、メーターとカバーの間に隙間が空いていたりします。

最悪の場合、メーターの隙間から水が侵入して中の電気関連がショートしたり、中を錆びだらけにする原因にもなるので、メーター周りが汚い、傷だらけのバイクは避けるようにしましょう。

プラスチックが白化してるバイク

プラスチックとは、正確にはABS樹脂の事を指します。

ABS樹脂の白化は、(白くなってパサパサになる症状)直射日光による紫外線で起こる事なので、バイクカバーをかけていない場合や、雨ざらしで管理していたバイクに見られる特徴です。

リスクとしては、管理方法が悪すぎて各部パーツの劣化が早まるため、購入後に故障する確率、修理代がかさむ可能性があります。

ただ、このABS樹脂というのは特別なワックスを塗れば、一時的に新品同様の見た目に戻す事ができるので劣化を見分けにくい事があります。

疑いがある時は「外装の傷がどうなっているか」と、「ワックスを塗った形跡がないか」の2点を確認します。

基本的に、外装の傷とABS樹脂は同時進行で劣化が進みます。ABS樹脂だけ綺麗で、外装が傷だらけならABS樹脂は元々白化していたと判断できます。

また、ABS樹脂はワックスを塗ると、画像のように油っぽい輝りが見られます。怪しいと思ったらプラスチック部分がどのような状態か必ずチェックしてみましょう。

動画がない、動画でエンジンをかけないバイク

動画が無いバイクには良いバターン、悪いパターンの2つに分かれます。

1つは「バイクの品質に自信がないパターン」です。

動画は画像よりも分かりやすいですし、画像では分からない部分までバイクを確認する事ができます。 つまり、細かく見られるとボロが出るので動画を載せようとしません。

特に外観がひどく、安すぎるバイクには動画がない事が多いので注意が必要になります。

反対に、「バイクの品質に自信があるパターン」です。

バイクの値段が相場並か、高い部類のバイクに見られます。 出品しているお店としては、商品に自信があるので「店舗まで来てもらい、直接コミュニケーションを取りながら検討してもらいたい」というアピールでもあり、販売戦略でもあります。

例として、アットバイクは上記のような戦略で出品していますが、実際に店舗に行った際には人柄も良く、バイクの質も良く、バイクを丁寧に扱う姿勢が好印象でした。

年式不明のバイク

買ってはいけないバイク中古車

年式が記載されていない場合は、お店がそのバイクに詳しくないか、もしくは商品を雑に扱っていてるかもしれません。年式を調べる手間も省きたいほど、適当な出品をしている可能性があります。

これは「安売りスタイル」のお店に多い傾向です。 出品してるバイクは元から質が悪く、修理しようにもコストが増えて車両価格が値上がりするので、誰も買ってくれません。なので、「最低限の修理だけ行い、とりえあえず安く出して売る」という販売戦略をとっている事が多いです。

実際に、年式が記載されていない詳細ページを確認してみると、写真の枚数が5~6枚と非常に少なかったり、写真がぶれているなど明らかに適当な印象を受けます。

このように、適当に出品されているバイクを買うと後悔するので避けるようにしましょう。

バイクを安く買う最大の武器は「バイクを高く売ること」

アップス

忘れてはいけないのが、今のバイクをいかに高く売るか?ということです。 たとえ、どんなに安く、いいバイクを手に入れられたとしても、今持ってるバイクが少しでも高く売れれば、もっと良いバイクを買える可能性が広がります。

バイクを高く売るためには、悪い中古車を省き、いいバイクを見つけ出すのと同じで、高く売るためには、買取価格が安いお店を省き、高く買取してくれるお店を見つけ出す必要があります。

アップスなら価格交渉を代行、全国のバイクショップから査定額の見積もりを無料で皆様にご提示します。

バイクを安く買うためにも、これを機に一度今のバイクを査定してみてはいかがでしょうか?

高価買取オークション開催中!

無料オークション査定に申し込む